消費者金融の賢い使い方

先月と先々月は友だちの結婚式が続いて急なお金の出費がありました。
一人は知っていたのですが、あとの二人のことは急なお知らせだったので貯金の乏しいわたしには本当にイタイ出費だったんです。
でも、地元で仲のよかった友だちの結婚式。
せっかく招待してくれたのに行かないのも悪いと思い、なんとかその時は工面して頑張ったのですが、やっぱり月末になって家賃と光熱費の支払い分の現金が足りなくなってしまいました。
次の月がボーナス月だったこともあって返済のめどもあらかじめあったので、消費者金融でキャッシングをしてみました。
まったくの初めてだったのでドキドキしましたが、審査も簡単なものですぐにパスできて、その日のうちに融資がおりたのは大助かりでした。
親や友だちに借金をつくるよりもずっと気楽でいいなと思いましたし、一定期間だけの借り入れなら金利もつきませんでした。
今まで怖いイメージがありましたが、ちょっとわたしの考えすぎだったみたいです。
特に返済するめどが立っているときはキャッシングでまとまった金額を借りても大丈夫だなと今回のことで実感できました。
キャッシングしてくれる消費者金融にもよりますが、わたしが今回借りたところは180日以内の少額融資は金利なしでした。
わたしは借りた額が5万円以上だったのでこれには当てはまらなかったのですが、考えてみれば今までも給料前にピンチになって、あと一万円あれば余裕で繋がるのに、その一万円がないばかりに給料前の最後の一週間がものすごく貧相な食事になって体調を崩したり、トイレットペーパーが買えなくてできるだけ家のトイレは使わないように我慢して過ごしたりすることが何回かありました。
今にして思えば、あんなときに消費者金融で少額のキャッシングをして、給料が出てから返せば何のリスクもなく、マイナスもなくお金が融通できたんだなと思います。
これからはメリットを活かして賢く付き合っていきたいです。